ブラックでも高確率で借入できるサラ金紹介

ブラックでも借りれるサラ金は違法な貸金とは限らない

ブラックでも借入出来るサラ金について解説していきます。そもそもブラックになってしまった人に借入を許してくれるサラ金なんてあるのでしょうか。ブラックとは信用情報機関に金融事故情報が記録されてしまった事を言います。

任意整理や自己破産などの債務整理、延滞の繰り返し、同じ月に数社のサラ金の申し込みなどを行うとブラックになります。サラ金に申し込みがあった場合、信用情報機関に事故情報がないか必ず確認があるのですが、もしあると審査に通りません。

ブラックの人というのは返済能力がない、返済する意思がないとみなされてしまいます。ブラックの人にお金を貸して返済されなければ、サラ金は経営を続けていく事が出来ません。ブラックの人にサラ金が借入を許す事は、普通に考えれば無いのです。

しかし今この日本には「ブラックでも借入出来るサラ金」というものが存在します。このブラックでも借入出来るサラ金ですが、違法な貸金業者ではなく正規のサラ金なのです。

ブラックでも融資可能な場合と不可能な場合がある

ブラックでも借入出来るサラ金ですが、融資可能な場合と不可能な場合があります。ここを理解しておかないと借入出来ない場合も出てくるので要注意です。

先ほど話したようにブラックには数種類あるのですが、どんなブラックなのかで借入が可能か不可能かが変わってきます。

借入出来る申し込みブラック

借入出来るブラックとは申し込みブラックと延滞の繰り返しの場合です。申込ブラックとは同じ月に数社のサラ金に申し込む事です。これを行なってしまうと「この申込者はかなりお金に困っている」とみなされて一時的に事故情報が登録されてしまいます。

申し込む際にどこかのサラ金に引っ掛かってくれと思うのは分かりますが、これは逆効果です。申し込む時は最大2社までが鉄則です。しかしこの申込ブラックですが3ヶ月ほどで事故情報は無くなります。それにブラックでも借入出来るサラ金であれば、この程度の事故情報は目を瞑ってくれるので大丈夫です。

延滞の繰り返しでも借入出来る

延滞の繰り返しをしてしまった場合のブラックも借入出来ます。普通のサラ金であれば難しいかもしれませんが、ブラックでも借入出来るサラ金であれば大丈夫です。

自分が延滞してしまったので借入は諦めなければと思っていても安心して申し込んでみて下さい。

債務整理をした場合は借入出来ない可能性がある

債務整理をしてしまった場合には借入出来る場合と出来ない場合があります。債務整理には4種類あり、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産があります。これらは裁判所に申し立ててサラ金側との話し合いで事が進むのですが、内容に少し違いがあります。
その違いとは「借金が残るのか残らないか」です。任意整理・特定調停・個人再生は借金を大幅に減額出来るので借金自体は残ります。

逆に自己破産は借金がない状態になります。ブラックでも借入出来るサラ金は、自己破産でブラックになった人にはお金を貸しますが、それ以外の債務整理の場合は不可能です。

ブラックでなおかつ借金がある状態なので、かなり危険な状態だと判断されるからです。自己破産が一番きつい債務整理のように思われがちですが、借金がない状態になるためサラ金側にとっては優良顧客になります。

もし自分が自己破産をしてブラックになっているという事が分かっているのであれば、迷わずこのサラ金に申し込みましょう。審査に通り借入が出来るはずです。

どのブラックか確認する方法

自分はブラックだと分かっているがどんなブラックか確認したいという場合は、確認する方法があります。信用情報機関に開示請求をすれば分かります。日本には、全国銀行個人信用情報センター・株式会社CIC・株式会社日本信用情報機構の3つがあります。

情報開示の方法として、窓口・ネット・郵送の手段がありますが手数料も発生します。しかしそんなに高い金額ではないので、それで自分の事故情報が分かるのであれば安いものです。どのブラックなのか知りたい方は、利用してみて下さい。

ブラックでも借入したいなら業者選びが最も重要

ブラックでも借入出来るサラ金があるという事は分かりましたが、一番大事なのは業者選びです。どんな業者を選ぶかで返済する金額も変わってきますし、安全面においても大事な部分です。

ブラックでも借入出来る業者は街金を探そう

ブラックでも借入出来るサラ金は大手にはありません、これは断言出来ます。テレビCMやネットに大々的に掲載されているようなサラ金で、ブラックの人は借入出来ません。必ず審査に落ちます。

ブラックでも借入出来るサラ金は「街金」です。街金といっても大きく展開しているものではなく、昔からあるような地域密着型の小さな街金です。そんなところで本当に借りれるの?と心配になるかもしれませんが、全く問題ありません。

大手サラ金が申込者を数値化して審査するのに対し、小さな街金は独自審査を行います。一人一人対面してその人の借金状況・年収・家族構成そして人柄などを加味して審査してくれます。なのでブラックでも借入出来るのです。

それにブラックでも借入出来るサラ金でも売り上げを上げなければなりません。普通に営業していても大手に顧客を取られてしまうので、ブラックの人でもなんとかお金を貸す事で顧客を獲得しているのです。ブラックでも借入出来るサラ金は、まず地元にある小さな老舗の街金から探しましょう。

金利・返済期間・借入総額を調べる

地元の街金がいくつか見つかったら次に重要なのは「金利・返済期間・借入総額」です。借入出来たとしても、希望額に満たなかった・返済期間が短い・金利が高い、そんな状況なら意味がありません。

老舗の街金は法定最大年利の20%に設定しているところが多いです。出来れば18%にしているところを選びましょう。この2%の差は後々大きく響いてきます。返済期間が短いと月々の返済額が大きくなってしまう可能性があります。

余裕を持って返済出来るとこが良いですよね。借入総額は重要です。もし低く設定されている場合でも、粘り強く交渉すると上げてもらえる可能性もあるので考えておいて下さい。

闇金かどうかを見極める方法

ブラックでも借入出来るサラ金が見つかったら、闇金かどうかを調べるのもかなり重要です。ブラックでも借入出来るサラ金はあまり聞いた事が無い業者名のところばかりです。ぱっと見本当に正規の業者なのか闇金なのか分かりません。

そういう時の判断材料としてネットを活用して下さい。具体的には金融系の掲示板とSNSです。ここで業者名を検索して口コミ情報を調べましょう。そして創業して何年くらい経っているのかも調べておく必要があります。

もし闇金であれば数年くらい営業したら名前を変えて再開します。正規のサラ金なら長年営業をし続けられるはずです。長年営業をしているところであれば安心です。すぐに申し込みましょう。

それでも間違えて闇金に申し込んでしまったら、返済をせずにすぐに弁護士に相談して下さい。闇金のような違法業者から借りたお金は返済しなくとも良いのです。闇金は返済出来ないとなると様々な嫌がらせを行い精神的に追い詰めてきます。

でもプロの法律家が絡んでくるとすぐに大人しくなります。相談だけなら無料で出来るところばかりなので、安心して連絡してみて下さい。

借入以外に現金を手にする方法

ブラックでも借入出来るサラ金が見つからない場合は、他の方法も考えてみましょう。そのやり方を解説していきます。

質屋

最初は質屋です。ブラックでも借入出来るやり方として最もやり易い方法です。質屋とは日本に昔からある担保型の貸金業です。手持ちの時計・アクセサリー・宝石・ブランド物などを査定してもらいその査定額に応じてお金を借りるというやり方です。

お金を借りた後はもちろん返済しないといけませんが、完済後は査定したものは返してもらう事が出来ます。ここ近年質屋は全国展開する業者が増えて利用しやすくなっています。ただ質屋は年利がとても高い事で有名です。

サラ金よりもはるかに高いのですが、最近は価格競争も激しくなり低くなってきています。一番低金利のところを探してみましょう。

キャッシング枠

クレジットカードを持っている場合、キャッシング枠が設定されているかどうかを確認してみましょう。もし設定されているのであればコンビニのATMですぐに現金を引き出す事が出来ます。

このキャッシング枠ですが、設定していたのを忘れる事が多いです。もし設定していなくてもカード会社に連絡すれば短い時間で設定が完了出来る場合もあります。

簡単な審査がありますがクレジットカード自体を保有しているのでそこまで厳しくはありません。もしカードを持っているのであれば一度試してみる価値はあります。

車担保・不動産担保

自家用車や持っている不動産を担保にして借入をするという方法もあります。これは主に銀行が行なっている場合が多いです。感覚的には質屋に近いのですが、車や土地などが対象となるのでかなりの額を手にする事が可能です。

返済出来ない場合、これらの資産を没収されてしまう事も考えておかなければなりません。車担保や不動産担保で借入するときは慎重に行いましょう。

生活福祉金貸付制度・総合支援資金制度

生活福祉資金貸付制度は、高齢者・低所得者・障害者のための貸付制度です。地方自治体の社会福祉協議会で申告する事が出来るので対象となる人は一度試してみて下さい。

総合支援資金制度は、失業してしまい日常生活が困難な人が対象となっている制度です。お金の借入と新しい仕事の訴求をセットでフォローしています。これも社会福祉協議会が相談窓口になっています。

生命保険の契約者貸付

生命保険の契約者貸付とは、保険の解約返戻金を担保にして借入を行う事です。借入出来る金額は、解約返戻金の約7~8割程度と言われています。かなりの低金利で借入出来るので、加入中の保険があれば出来るかどうか確認してみて下さい。

まとめ

サラ金というのは基本的にはブラックの人にはお金を貸しません。ブラックの人は信用がないので貸してしまうと返済してもらえなくなる可能性があるからです。しかしここ近年ブラックでも借入出来るサラ金はある事が分かりました。

他にも厳しい審査なしでブラックでも借入出来る方法もあります。ブラックだからといってお金を借りれないと諦めなくても良いのです。ブラックでもお金を借入る方法は沢山ありますが、ここで大事なのは利用しすぎない事です。

ブラックになってしまったのは、あなたのお金の使い方やサラ金の利用に問題があったからです。ここを見直さないと全く意味がありません。今回ブラックでも借入出来る様々な方法をお伝えしましたが、自分のお金の使い方を今一度見直してみて下さい。そしてブラック状態からいち早く抜け出して、余裕を持った生活をしていきましょう。

全国サラ金検索
タイトルとURLをコピーしました